出産後にシミが増えた!どうしよう…

出産後のシミの多くは肝斑によるものです。

 

肝斑とは、その原因が女性ホルモンバランスによるもので、日焼けなどのせいとは限らないと言われています。
そして、出産後しばらくして、自然に消える(ホルモンバランスが正常になる)こともあります。

 

 

 

 

肝斑の特徴

肝斑の特徴として

・こめかみ、頬、目の下、唇にできる
・左右対称にできる

と言われています。
しかし、妊娠・出産を経ても、なかなか消えない。
よく見ると、左右対称ではない場合は、肝斑を悪化させたか、肝斑ではないシミと考えられます。

 

肝斑の悪化で考えられるのは

・紫外線を浴びた
・スキンケアが合っていなかった

などが考えられます。

 

妊娠と出産が根本的な原因とされる肝斑ですが、ある程度のスキンケアは必要で、それだけではなく女性ホルモンバランスを良くする食べ物などにも気をつけましょう。
ベストな食物としては、大豆などですが、母乳にも安心な食品です。

 

肝斑でもしつこいものも有り、出産後にどうしても気になる方は医師に相談してください。
この場合、レーザーでは逆効果になり、薬の服用になり、母乳を上げている間は使えない場合もあります。
塗布して効く薬などもありますが、いずれも医師の診断が必要になりますから、勝手に判断しないほうが良いでしょう。